世界で最も美味しい果物

初のグアム体験の中で書きたいことは、なんといっても、
グアムの果物のことです。

一番驚いたことは、グアムでは、果物のことを皆アップルと言うことです。

それで、色々な謎が解けたのです。

●●●アップル  と、後ろにアップルとつく名前は、果物という意味でした。

アップル=果物

クラブアップル
シュガーアップルなど
皆、アップルとつく理由がわかったのです。

そして、グアムで見つけた未知の美味しい果物は、

「シュガーアップル」です。

これを紹介しないではいられません。

日本で、今まで口にしたことがなかったですし、見たこともありませんでした。

見かけは、結構、グロテスクなので、
口にするまでとても勇気がいったのです。

グアムのデデドの朝市で、サワーサップという奇妙な形の果物を見つけて、大きいのから3個買い占め、そこで、お店の人が、小さい別の果物を3つおまけでつけてくれたのです。食べてごらん、という感じで・・・

ちなみに、サワーサップは、こんな感じです。

名前は?と聞くと
段ボールの端に、「SOUR SOP」と書いてくれました。

美しいので、しばらくホテルにオブジェとして飾っていました。

私の場合、食べるというより、「オブジェ」、つまり鑑賞物です。

美しい造形だなあと思ったのです。

もともと突起物が好きなのです。

これは、全身突起物で、本当に好きな形だったので、
思わずお店に並んでいたのを全部買ってしまいました。

ここはグアムなのに・・・

そして、お店の人が、ついでに、それほど、可愛くない果物をおまけでつけてくれたのです。

それが​

sugar apple でした。


​う~~~ん

これが、美味しいという想像がつかないので、しばらくホテルの冷蔵庫に放置していました。

ところが、翌日、「ハマモトガーデンズ」に出かけた折、
ガーデンに入る前に、グアムの果物盛りを作ってくださり
色々、カットフルーツを食べることができました。

白い実の果物が、ものすごく美味しかったので、もしや、あの果物は、これと同じでは・・・。と思い、

「これ、買いました。」と私が言うと、女性スタッフの方が、

「あれ、買ったの?すごく珍しいものなのよ。なかなか手に入らないものなのよ。」と言われ・・・

とても希少な絶品の果物だと知り
ホテルに帰ってから、思い切って割って、
スプーンで食べてみました。

あの例の、アイスクリームスプーンです。

グアムは南国だから、そのスプーンは必要ないよ、と言われたのですが・・。お気に入りのスプーンなので・・。

割ってみると、中は真っ白です。

「甘い」

「とろける」

それは、まるで、アイスクリームのようなとろける触感のクリーミーな甘い果物だったのです。

これは、すごい!

食べたことのない未知の美味しさだと思いました。

なので、デデドの朝市で、私におまけにしてまで食べてみなさいと言ったのだと思いました。

私は果物の形を崩してしまうのが嫌で、
サワーサップはついに、ナイフを入れられませんでした。

美しい造形だと思ったのです。

見たこともない未知の果物に感動し、
しばらくホテルの部屋の小さなオブジェとして飾り、

そして、

そのまま置いて、泣く泣く日本に帰りました。

飾っておきたかったのです。
3つ、テーブルの上に、美しい造形物として

お掃除の人が、そっと持って帰ったかどうかはわかりません。


ひとつは、葉っぱ付きです。
可愛いです。

この次は、ハマモトガーデンで撮影した数々の美しい画像を
お見せしたいと思います。
さらに、グアムの果物がたくさん登場します。

グアムのために、iphone8plusを買いました。

噂通りの画像の美しさに感動し
たくさん撮影してきました。

動画も、ノンストップで、たくさん撮ってきました。
順次、アップしていきますので、楽しみにしてください。

下の写真は、色加工なしです。
美しすぎるハマモトガーデンの数々のボタニカル、お楽しみに・・・

​撮影:柘植彩子 iphone8plus

Follow me!