イギリスのティータイムを描くその2 火曜クラス編

台風の影響もあり、火曜日は、8名でのレッスンとなりました。
モチーフは2つ組みました。

イーゼルを使って、ティータイムのテーブルを取り囲み、描いて頂きました。

帰りには、花とティーカップを1つずつお持ち帰り頂きました。

こんな風に、シンプルな花の絵から、テーブルそのものを描く水彩レッスンへと、徐々にバージョンアップしています。

ここまで来ると、モチーフ代も、かなりかかります。

テーブルには様々な食器、食品、花が並びますから・・・・

生活の一場面をしっかり作りこんで、切り取る絵の提案です。

ディズニー「くまのプーさん」の絵本の水彩画の仕事をしてきた経験があり、
こんなレッスンを思いついてしまうのです。

あるテーマに沿ったテーブルの演出や、
時代の表現、
それから、特定の国や時間を表現する水彩レッスンは、私の得意とするところです。

その需要があることを知っているからこそ、やる価値のあるレッスンなのです。

この構想は前からあり、ようやく実現できたことは、自分としてもよかったなと思っています。

生徒は、食品を描くことへの興味も湧いてきたようなので、
さらに、来年は、楽しいテーブルを描く室内画への誘い的レッスンをしてみたいと思っています。
1月は、モーニングタイムを描くレッスンをします。
コーヒーや生卵や、カリカリのベーコン、トーストや、クロワッサン、ハチミツやジャム
さて、どこまで、リアルなモーニングタイムに迫れるか・・・・

「面白いかも」と思って頂けるなら、さらなる非常識で面白いレッスンを考案します。

そして、いつか、ホテルのスィートルームを貸し切って、室内画のレッスンができたら、
最高に面白いだろうと思っているのです。

さて、11月6、7日は、3時間のイベントレッスンがあります。
水彩デモンストレーションと、お花のデモンストレーションします。
お時間あれば、是非、ご参加ください。(お茶付きです。)
https://ayakotsuge.shopselect.net/items/23760207

Follow me!