11月の青いフレームとコーディネート編

静物画は、モチーフの組み方で、8割がた勝負が決まってしまう、という問題があり、

描けるか否かという水彩テクニックの問題はひとまず置いておいて・・・

コーディネートのコツについて、あれこれ書いてみます。

1.まずは当然ながら、素敵な雑貨探しが重要で、足で探すかネットサーフィン探しをしてみます。
2.色の配色を決める
3.大きさの大小や、高低差を作る
4.いくつかの違う素材を持ってくる

足で探すか、ネットで探すか・・、得意なほうで、雑貨を探してみましょう。
偶然出会う素敵な雑貨に、ぐぐっと惹かれたなら、それは縁かもしれません。
自分の感性を信じて、選んでみましょう。

自宅に帰ってから、買ってきた雑貨で、コーディネートしていきます。
ひとつの店で、あらかじめあれこれコーディネートしてから買うと、効率がいいので
実際に、お店でコーディネートしてしまってから、買うのも1案です。
店員さんにも、色々アドバイスが貰えることもあるでしょう。

さて、今日は、ブルーのフレームを取り入れて、色々組んでみました。
今回は、ベージュと白とライトブルーの組み合わせです。
色を2色などに限定すると、いい感じになりやすいです。

まず、ブルーの摺りガラスの花瓶と、ブルーのキャンドル、それから、オーバルの白い羽根のお皿を用意しました。

実際に構成してみました。

お皿に描いてある羽根と本物の羽根、というギミックがあります。

今回は、花がないことにより、「羽根」というひとつのテーマがクローズアップされるしかけにしてあります。
たまには、描くことより、モチーフ選びに時間を作ると、実はメリットがいっぱいあります。
1年、2年ぐらいしっかし水彩画を習得された方は、そろそろ、モチーフ構成レッスンがとっても重要になってきます。

ちなみに、ライトブルーのフレームは、ざらっとしたテクスチャーがかっこいいレジンのフレームです。
つるっとした陶器の質感とよい対比になります。
裏は、黒のベルベットになっていて、とても高級感のあるのフレームです。

フレームは5インチ×7インチ フォトフレームで、
A5サイズの絵ハガキは入りませんが、お洒落なフレームで、絵になると思い、選びました。
ずっしりと重いですが、何かシンプルに描いた水彩を、さらっと入れて飾ってもきっと素敵です。

今日も、アメリカから生まれたブランド Creative CO-OP HOMEさんの雑貨でコーディネートしてみました。
キャンドルは、軽井沢の北欧雑貨のお店で頂いたものです。

さて、雑貨巡り、したくなってきたのではないでしょうか・・・。

こんな世界の雑貨コーディネートが楽しめる名古屋水彩サロンに参加してみたい方はこちらから
https://ayakotsuge.shopselect.net/items/19022973 日曜クラス
https://ayakotsuge.shopselect.net/items/19022447 火曜クラス

突然ですが、水彩サロン月曜クラスを新規募集をすることにしました。
https://ayakotsuge.shopselect.net/items/23707233
初心者さんも大歓迎です。
少人数制のため、レベル別クラスにすることが難しいですが、
初心者さんはいつでも歓迎です。
水彩レシピ、水彩ビデオなど、教材は豊富に揃っています。
自習と、イベントレッスンをうまく組み合わせて、習得されるといいと思います。
アミューズメントとしての水彩レッスンが水彩サロンです。

そんなことで、アットホームな大人な水彩サロン月曜クラスの募集です。

都合が悪い日は、日曜クラス、月曜クラス、火曜クラスの中で、振替えができるようになります。
自身の水彩画制作の都合上で、1週間に集約させてレッスンスケジュールを組んでいます。
ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

このブログ更新のお知らせを受け取りたい方は、右サイドバーでメールアドレスを登録してみてください。

ライン@お友達登録はこちらから
明日の正午に、オンラインショップで使える300円割引クーポンが届きます。
https://ayakotsuge.shopselect.net/blog/2018/08/16/174441

Follow me!