山梨県勝沼ワイナリーを訪ねて

水彩ジャーナル「Chambre de Ayako Tsuge」11月号は、お手元に届いて、お読みいただいてると思います。

毎月、綱渡り的に発行している月刊誌です。
10月号は、山梨のワイナリーのエッセイでした。

その記事の中で、くらむぼんワインの葡萄ジュースというのが出てくるのですが、
次元の違う美味しさだったとエッセイに書いたため、気になった方もいらしたかもしれません。

それで、実は、こちらで買えるので、よかったらお試しください。
現在、白い葡萄ジュースは、売り切れの様で、リンクを張ることが出来ませんでした。
また、ご案内しますね。
下は、赤葡萄ジュースですが、こちらも100%無添加のジュースです。
試飲しましたが、白ブドウジュースと同様に、芳醇なワインの香りがするジュースです。

ジュース ぶどうジュース コンコード 無添加天然果汁100% くらむぼんワイン 葡萄の聖地 赤

新品価格
¥1,280から
(2018/10/4 11:59時点)

このジュースは、砂糖不使用の100%ジュースで、安心です。
ジュースなのに、ワインのような風味と味がします。
なんというか、味わいが深いのです。
変な甘みがなく、次元の違うジュースでした。
葡萄の品種は、白はナイアガラ、赤はコンコードだそうです。

私の絵を見るうちに、色々なブドウの名前を覚えた方もいらっしゃるでしょう。

葡萄の絵は、繁栄を意味し、将来の人生の実りを意味します。

10月号の表紙の葡萄の絵は、恐らくテンプラリーニョではないかと思います。
ワインの元になる葡萄の品種は多種多様にありますが、
私が勝沼ワイナリーで見たのは、甲州葡萄と、カベルナ、そして、テンプラリーニョです。

日本のワインが、世界で有名になっていくのはとても嬉しいことですね。

さて、11月号はと気になる方は、是非、定期便でお楽しみください。
11月号は、「ブライダルプラン」の制作プロセス掲載となります。

12月号は、ジュエリーを描く特集の予定です。

それで、クリスマス特別企画として、12月2日(日)に、名古屋栄Dスタートにて、ジュエリーを描く水彩ワークショップを企画しました。
モチーフとなるジュエリーは、一人1セットお持ち帰り頂けます。
ブランドや詳細は、こちらで見られます。
https://ayakotsuge.shopselect.net/items/13859655

8名限定(残7名)ですので、お申込みはお早めに・・・


スポンサードリンク

Follow me!