11月 摺りガラス花瓶と雑貨のコーディネート

11月は、青い摺りガラスを中心に様々なモチーフを構成して描きます。

雑貨は、アメリカに本部があるCreative CO-OP HOMEさんのでセレクトさせて頂きました。
昨年秋に日本に初上陸した世界マーケットで展開しているブランドですが・・。
アーチストとのコラボ商品も様々作っているメーカーさんです。

自宅のアトリエで、メダリオンと一緒に色々コーディネートして飾ってみました。

羽根の絵柄が入ったオーバルの陶磁器にあわせて、小物も入れてみました。
右の白いモチーフは、紙をただ巻いてタグをつけただけの、自前の雑貨です。

何か足りないなと思ったら、こんな風に紙を巻いてタグをつけると、
それだけでお洒落な雑貨に見えます。
壁のレリーフは、通常シャンデリアの上の天井に飾るものを
小さく作ったウォールデコになっているものです。
数点飾ると、無機質な壁がとても華やかになりました。
小さいSサイズの花のレリーフもランダムに一緒に飾ると、素敵です。

摺りガラスの花瓶は、バラと一緒に、一人1個お持ち帰り頂けます。
小さいのですが、なかなかよいお値段のため、
私自身これまで買うことができなかったシリーズの1点です。

メディウムとしては、アクアパストやテクスチャメディウムとか使うと面白いかもしれません。
使い方は、水彩ビデオ中級編に出てきます。

秋は、クリスタル花瓶より、こういった摺りガラスを活用するのがお勧めです。

これまで、様々なガラス花瓶を提案してきましたが、
ひとつひとつ、私が厳選して選んでいます。

この青い花瓶シリーズは、大きさが色々あったのですが、現在はすでに完売状態です。
そのため、これからあらたに単発申し込みで参加される方は、これとは別デザインの花瓶になります。

当日は、白か、青いバラを用意しようと思っています。
青は、神秘的ですが、奇跡をおこすバラと言われています。

世界の雑貨を描くコースも、中盤になり、あと3回となりました。
毎回、様々な外国の雑貨を取り入れています。

11月は、アメリカの雑貨で、秋のテーブルを描きます。
10月は、イギリスがテーマで、イギリスのティータイムを描きます。
単発での参加を検討される方は、こちらから
https://ayakotsuge.shopselect.net/items/19022973 日曜クラス
https://ayakotsuge.shopselect.net/items/19022447 火曜クラス

※このブログ更新を自動で受け取りたい方は、右サイドバー上でメールアドレスを登録してください。

ライン@お友達登録はこちらから
明日10月5日正午に、オンラインショップで使える300円割引クーポンが届きます。
https://ayakotsuge.shopselect.net/blog/2018/08/16/174441

Follow me!