岐阜のラ・ルーナピエーナで、ランチと打ち合わせ

先週末は、岐阜のラ・ルーナピエーナで、ランチしました。

やのまんさんから、ジクソーパズルのパッケージが、ちょうど届いたので

発売に先駆けて、ちょっとお見せします。

これは、カタリナのジクソーパズルです。
500ピースあります。

中身はこんな感じです。
完成品を仕上げるノリとヘラも付いています。

こちら、薔薇と靴 のジクソーパズルです。
同じく500ピースです。

レストランは、ラ・ルーナピエーナです。
パッケージの側面のデザインを急遽やってくれたアクロスデザインさんと二人だけのランチ会でした。

ランチのメニューです。

料理が、運ばれて来ました。

このレストランは、結婚式場も別棟に併設されていて、大変お洒落な建物です。

最初、間違えて、結婚式場に迷い込んでしまいました。
電話すると、慌てて、レストランのスタッフさんが、迎えに来てくれました。

ここは、アクロスデザインさんのおススメのレストランです。

とても、雰囲気がいいのです。

パスタが美味しい店ですが、私はリゾットを頼みました。

デザートもついて、とてもリーズナブルで美味しいランチコースでした。

桃のジュースで乾杯し、それから、ラストは紅茶を飲みました。

さて、岐阜に来た理由は、私の水彩ビデオを製作してくれているマッチボックスの有馬達之さん監督の自主映画を見るためでした。

美味しいランチの後、車で岐阜シネツクスに向かいました。
生と死という、やや重たいテーマでしたが、香水を使った香りをテーマとし、映像ではなかなか表現し難い、香りを映像で表現することに拘った作品でした。

ラストは舞台挨拶があり、今度は、私が撮影させていただきました。


タイトルは、No.6

謎なタイトルですね。

CHANELNo.5を、連想させます。

香りで、人を殺せるのか

不思議な世界観の映画でした。

数カ所で、上映されていましたが、ラストは、なんと、東京渋谷だそうです。

9月2日(日)ユーロライブ 13時と15時10分 2回上映

 

柘植彩子ジグソーパズル発売記念 特別企画講習が開催されます。
10月20日(土) 「パッケージデザインと水彩に触れる1日」をテーマに
午前は、デザインと水彩画との融合の話を、PC画面をスクリーンに投影しながら、「へぇ~。なるほど!」と思っていただける、普段は中々見る事聞くことが出来ない裏側のお話などをします。

午後からは、ピンクの薔薇を描くレッスンが受講できます。
軽い昼食と、パズル1個付きです。詳細、お申し込みは下記まで

 

“柘植彩子Studio”のLINE@はじめました
ブログの更新や、レッスンのお知らせ、お得な情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してくださいね。
https://line.me/R/ti/p/%40ywz9771l


スポンサードリンク

Follow me!