プロテアを描くテーブルスタイリング

8月の水彩サロンは、名古屋も東京(神楽坂)も、プロテアを描くことになりました。

神楽坂水彩サロンは、お皿とかはなくて、2本のプロテアのみシンプルに描きます。

名古屋水彩サロンは、様々なお皿やゴブレット、カトラリー、それからクロスを選び、自分で構成して描きます。
ちょっと慣れないテーブルスタイリングなので、色々な雑貨の雑誌やお料理のお洒落な本などを、ちょっと見ておくといいのかなと思います。

とりあえず、1つ例を作ってみました。
例えばこんな感じです。

これは縦構図です。上に大きく空間を持ってきて、クロスの絵柄を大胆に見せる構図です。

次に横構図です。


カトラリーはゴブレットの中に入れて、黒1色のシルエットとして見せました。
プロテアは、シンプルに横に置いています。

すべてのモノを、全部くっつけてしまうのは、ちょっとあまりいい構図になりませんね。
モノが2つになった段階で、どの距離で置くのかということが、とても重要になります。

そして、色々な色が入った柄物のクロスには白いお皿がいいですね。

プロテアのピンクと、クロスのピンクをなんとなくあわせています。 
ピンク+黒+白といった主な構成があり、また、パステルカラーに少しの黒という構成になっています。

さて、当日は、様々な色のクロスやカトラリーをお持ちします。
そして、テーブルスタイリングにも挑戦して頂きます。

夏のテーブルには、ドライフラワーがよく似合いますね。
プロテアが手に入らない時は、ラベンダーなど置いても素敵になります。

その場合の色はラベンダー色を中心にクロスの色を変えるといいですね。

あれこれモチーフ選びが楽しくなる、そんな8月の水彩サロンに
興味が湧いた方は単発での参加ができます。
日曜クラス https://ayakotsuge.shopselect.net/items/19022973
火曜クラス https://ayakotsuge.shopselect.net/items/19022447

東京神楽坂水彩サロン プロテアを描く水彩レッスンの詳細はこちらから
https://ayakotsuge.shopselect.net/items/21248585

Follow me!