横浜ホテルリソルと横浜タカシマヤでの作品展

今日は、横浜タカシマヤでのサイン会でした。

前日は、横浜桜木町で、水彩ワークショップを開催しました。

終了してから、とても楽しみにしていたホテルリソル横浜に向かいました。

このホテルに泊まりたかった理由は、北欧テイストに統一されたインテリアだからです。

エントランスからテンションの上がる内装で、
入り口がややわかりにくいですが、そこもなんだかテーマパークにある
アトラクションのようでした。

あちこちに、大好きなガラスのバードがあり
大きなオブジェがあったり

まるでテーマパークのようでした。

2階には北欧インテリアの憩いの場Moiがあり珈琲を飲みながら自由に過ごせました。

フィンランドのデザインに関する分厚い洋書もあちこちに置いてあり
時間の許す限り、それらを読んで、北欧デザインのお勉強をしました。

授乳室の入り口にはこんな可愛い陶板が飾ってありました。

オブジェは、すべて棚に接着してあり、取れないようになっていました。

これまで、ガラスのフクロウにはそれほど興味がなかったのですが
置いてあるガラスのフクロウがあまりに可愛かったので、
いつかコレクションしたいと思いました。

エントランスやエレベーターの床は、こんな感じです。

エレベーターを上がると、こんなオブジェがお出迎えしてくれました。

このオブジェはあちこちにあり、とても癒されます。
廊下のカーペットも北欧デザインですね。

客室はというとこんな感じです。


この中で、実は最も感心したデザインは、靴ベラです。

こんな感じです。

一目見ただけでは、靴ベラとは気づかない美しくシンプルなデザインですね。

色の構成も、見事でした。

そして、水のペットボトルも、リソルオリジナルラベルでした。

レターもモノトーンですが可愛いデザインです。

バスルームのシャンプーはDHCに統一され、アロマの香りに癒されるシャンプーとボディソープでした。

パジャマ、マットレス、カップなど、ホテルでお買い物ができます。

まさにデザイナーズホテルといった感じで、インテリアを北欧デザインにすると、
こんな感じになるという
よい見本を見ているような感じでした。

翌日、チェックアウトギリギリまでこのホテルで過ごし
午後、横浜タカシマヤへと向かいました。

それで、到着するなり、20点の売約に驚いてしまいまして・・・・。
最初、自分の売約札とは気づかないぐらいでした。

サイン会時間内にも、さらに2点お買い上げ頂き、
そのうちの1点は、私がちょっと席を離れた間に売れたそうです。

季節関係なく、秋の絵も多数お買い上げ頂き、心から御礼申し上げます。

このスピード感は、地元名古屋並みだったため、とても驚き
サイン会時間を急遽30分繰り上げ、
ひたすら額裏にサインすることにしました。

名古屋と違うところは、よりシックな絵柄を好まれる点かなと思います。
ワンカラーの花の絵、花より果実や世界の木の実など、
かなりシックラインに多くの関心を頂けたようです。

例をあげると、「角苦瓜」「オリーブ」「ドングリ」などです。

昨年も、横浜タカシマヤでは、シックな絵柄が売れていましたが、
今年、さらにその傾向が強まったようです。

今回、2回目の作品展オファーを頂き、
百貨店のフロアーの中では、本当に隅っこにあり、
あまり目立たないと思うのですが、
本当に多くの方に足を運んで頂き、心から御礼申し上げます。

2019年の秋以降の作品展は、今のところ未定です。

さて、少し休憩して、と思っていたら
次の仕事が入ってきました。

冊子表紙絵の仕事と、それから、あるところから記事作成依頼が来ました。

詳細は、また後日。

北欧雑貨を描くデッサンは、名古屋の水彩サロンで開催します。
東京は、7月17日、渋谷宇田川で蘭を描くレッスンをします。
名古屋は、コースとして全日開催は確定しています。
他の地域は、開催最低人数に至らなかった場合は中止となります。
中止の場合は、返金となりますが、
BASEを通して決済した場合は、手数料等を引いた金額の返金となります。
ご了承ください。

各種水彩サロンのお申込みはこちらから
https://ayakotsuge.shopselect.net/categories/274020

お電話でのお問い合わせ
TEL052-249-8847

Follow me!