オンライン バラ展

オンラインチューリップ展覧会の次はバラ展をするつもりでした。

しかし、その前に、次々と絵のオーダーを頂いたため、

なんとなく先延ばしになってしまいました。

ですが、新しいアトリエとギャラリーができたので、そこから、オンラインで少しずつ紹介していきます。

今日の1点は、インスタグラムでも紹介した「農園のバラ」です。

「農園のバラ」F8サイズ ¥264000(税込み)

この額は、かなり重厚で、厚みもあります。

外寸縦69㎝×横61,2㎝

横浜高島屋で長く客注になっていましたが、お客様がご病気になられそうで

残念ながら1年以上待ったけれど、結局戻ってきてしまった作品です。

農園に咲くバラは、ガーデンのバラとはまた違い、とても力強く、また、花も大輪で、本当に驚く大きさで咲きます。可憐というより、ダイナミックな美しさで、しかし気取らない感じで可愛さ満点でした。

つまり、花屋によくあるハウス栽培のバラとは違ったのです。

トゲも大きく、よく絵本などの物語に出てくるバラはこっちだろうと思いました。

講談社経由で、過去、ディズニーランドの絵本のために、トゲのあるダイナミックなバラを描いたりしましたが、「やはりこういうバラじゃないと物語は始まらない」と思わせるバラです。

 

普段、上品な花屋のバラばかり見ていても、物語は思いつかない。

そう、たまには農園へ出かけよう。

そう思わせてくれるバラです。

さて、これを大事にしてくださる方に、1点ものですが、お譲りします。

室内のインテリアにあわせてどうしても額縁を変えたい方は、別途費用がかかりますが、ご相談ください。上記の額は、和室、洋室にもあう素朴な感じではありますが・・・

メッセージはcontactページから、またはライントークでも大丈夫です。

Contact

他の絵のご相談でも結構です。

 

さて、余談ですが、壁に釘が打てない事情の方は、上記写真のように、ピクチャーレールをつけて、そして、透明のワイヤーなどを吊るすとワイヤーが目立たずに絵がかけられます。

ピクチャーレールは必ず専門店で、必要な長さにカットしてもらってお買い求めください。

この写真のは、シルバーですが、マットな白タイプがあり、それは、好きな色に自分で塗装ができます。

必要な長さにカットし、(カットサービスがあることが多いです。)天井に近いところに取り付けることがコツです。

これは、ラーソン・ジュールの製品ですが、オランダ製のようです。

多くは、額縁屋さんや、画材屋さんで販売されていると思います。

設置までお願いできるところにオーダーするのが女性にはおすすめです。

とても細い透明ワイヤーですが、落ちてきません。

ピクチャーレールとフックのフルセットがお勧めです。

壁に釘が打ち込める方は、ダイレクトに釘を打ち込んだほうが、カフェのようにかっこいい壁になります。そして、絵を複数飾るときは、レイアウトも考え、大小計画的に飾るといいと思います。

やり方は、You Tubeなどで検索すると、外国のインテリアデコレーションの中で膨大に出てきます。

家の壁1角でいいので、絵のコーナーを作ると、インテリアのおしゃれ度は、ぐんと上がりますね。

さて、夏のインテリアはもう完成しましたか?

そろそろ、小規模のホームパーティーも計画したりして、しばし楽しむご家庭も多いのでは・・・。

ここぞという来客時、エントランスに目を引く絵はありますか?

素敵な夏のクッションはありますか?

困ったときは、是非、AYAKO TSUGE STUDIOにご相談ください。

さて、今日は、このぐらいで、オーダー制作の続きを致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!