私の水彩の歴史と水彩グッズのゆくえ

6月になって、Creemaで、突然、私のデザインした傘がピックアップされまして、

このサイトのトップページに掲載になり

とんでもないアクセスが現在来ております。

連日、いいねをたくさん頂き、本当にありがとうございます。

このようにピックアップされるのは、2回目ぐらいではないかと思います。

それで、実は、心配してくださった方が、
この水彩グッズに関して、

「社員を雇わないと」

とか、

「ロットが大変ですよね」

とか

「梱包&配送が大変ですよね」、と言ってくださったり・・・

最近にも、あるイラストレーターから、

「あれ、自分で梱包発送しているんですよね。忙しいのに大変ですよね。」と言われまして・・。

それで、度々言われるので、ついにこのブログを借りて、説明しようかと思いまして。

作品展のため、絵の制作に忙しい私は、そのようなことはほぼ、しておりません。

実は、名古屋にいなくても、稼働するように、なっておりまして・・・。

今は、グッズ制作は、絵を描き、デザインするだけでいいのです。

それが、理解できない方が非常に多く、助言、心配、色々頂くことになりました。

が、しかし、絵を描く以外は、本当に、ほぼ、何もしていないのです。

どうやら、最先端の方式で作っているようで、どうも、理解されず、
多大なるご心配を頂くことになってしまいました。

そして、近い将来、この部門すら、外部に任せる考えなのです・・・、

そうなれば、完全に、私の仕事ではなくなります。

なぜ始めたのか・・・

それは、単に興味があったからですけれどね。

色々な雑貨をデザインすることが好きですし、
他のものづくり作家さんとコラボすることも好きだったからです。

作家ものの眼鏡ケースは、最高傑作だと、自分でも思っています。

水彩+プロダクトは、私の楽しいアートワークのひとつでした。

そんなことで、

絵を描いて、そして、余裕のある時にデザインするだけで、ノーリスクで楽しい雑貨作りしていました。

なので、水彩上級クラス、作ったのです。

独自で編み出した、雑貨作りノウハウがいっぱいです。

どこまでもノーリスクで、楽しく、そして、結果の見える化です。
しかも、最初の1個目の試作代すら、レッスン料金に含めてしまったので、
ほぼ、余分な費用はかからないようにプランニングしました。

生徒作品展するのもいいですけれどね。

この時代だからこそできる、私の提案です。

さて、昨年は、数社のライセンシー様とアートライセンス契約もでき、
このグッズ作りとは、そろそろお別れになりつつあります。

5~6年前、不景気となり、紙媒体だけでは食べていくことができなくなってしまった
イラストレーターが続出し、2足の草鞋作戦が提唱されてから数年がたちました。

そして、アートライセンス契約も、世の中からほぼ消滅し、イラストレーター暗黒時代が始まったのです。

そんなダークサイドの幕開けの中、私がデビューし、なぜか、その中を生き抜いていくことができました・・

デビューから数年がたってから、過去の栄光や過去の実績すら脱ぎ捨ててしまい

ある時期に、画家へと、すとんと舵を切ってしまったのです。

雑貨作りは、そんな私が始めたほんのお遊びでした。

お遊びなので、つまり、ノーリスクなのです。

そんなお遊びを、一緒に楽しめるように考えたのが水彩上級クラスです。

毎年、額縁が家の中に山ほどたまるより、素敵なバックや傘があったほうが、
いいんじゃないかなと

これは、私の考えですけれどね。

そんな意味合いの
水彩上級クラスの詳細はこちらから
https://ayakotsuge.shopselect.net/items/7088141

https://ayakotsuge.shopselect.net/items/21047709

Follow me!