Black Wing ペンシルダース買いについて

この1~2か月、BLACK WINGペンシルのケース売りが、売れています。

これまで水彩画の生徒への紹介が主でしたが、それとは関係のない一般の方からの注文がちらほら増えています。

 

私のオンラインショップは、あまり目立たない地味なショップですので、一般的にはあまり知られることはないと思っているのですが・・。

しかし、BLACK WINGは、根強いファンがいらっしゃるのか、見つけてくれるようです。

あるいは、見つけた途端、虜にできる魔法があるのかもしれません。

アメリカ本国では完売していたり、日本ではすでに完売していても、私のショップには奇跡的にあったりします。

自分自身、過去の限定品を数種類買い逃したことの後悔が大きすぎて、いまでも時々探してしまうのです。

どこかに密かに残っていないかなあ・・・、なんて。

それでも見つからないと、高額になってしまったオークションで買うしかなくなります。

現在は、1ダース売りに絞って販売しています。

(1本売りは、水彩画教室でのみ販売にしました。)

コレクターは、1ダースの箱買いの方が多いです。

私も、箱のデザインが好きですし、そのまま大事に箱を置いています。

 

それで、オークションで値上がりを期待するのであれば、もちろんケース買い箱付きが狙い目です。

あるいは、全シリーズ1本ずつなども、希少価値が高まります。

セカイモンなどの世界マーケットのオークションだと、全種類揃っているとかなり高額になっていたりします。

さて、単なる鉛筆好きで、自分コレクションのために「箱はどっちでもいい」という方も見えますし、「絵を描くため」という方もみえます。

私は、自分が描くための鉛筆と、コレクション用と1本ずつ・・・、地味にコレクションしています。

私同様、この蘇った幻の鉛筆BLACK WINGに、心底惚れ込んでくれる方の登場は、とても幸せな気分になります。

今現在、絵の制作の下地としてこのBLACK WINGの鉛筆がとても活躍してくれています。

右腕が疲れて動かなくなる時、この鉛筆は私を癒してくれます。

水彩紙の上で、腕が落下し始めた時、この鉛筆にとても救われました。

そして、年間100点以上を制作する上で、軽くてスピードは倍という面白いコンセプトを読んで

ついに、導入を決めました。

下の写真は、私が撮影したものですが・・・。

消しゴムの色まで気を抜かないところがとても好きです。

つまり、トータルデザインが行き届いていて、美しすぎるデザイナーズ鉛筆なのです。

今や世界中にコレクターがいて、限られたアーチストがほれ込んで使っていた鉛筆が、多くの人に知れ渡ることは、とても嬉しいことです。

今はパソコンで文字は打てるし、絵も描ける時代となったけれど

あえて鉛筆を使うとしたら・・・・・

 

まさに次元が違いました。

この鉛筆が蘇ったことを、心から祝福しています。

そして、私同様に感動し、心を奪われたコレクターさんに、心から感謝します。

 

また、新しいブラックウィングの鉛筆が、日本でもうすぐ発売になります。

2020年5月27日ごろ入荷します。

とてもワクワクして待っています。

こちらでまた、紹介したいと思います。

なんとなくスランプとか、気持ちが晴れない時、この鉛筆で是非ワクワクしてみてください。

https://ayakotsuge.shopselect.net/categories/1693618

※在庫切れしているものは、日本国内にまだあれば、取り寄せが可能です。

 

Follow me!