水彩メディウムについて

名古屋水彩サロン後半7月は、水彩メディウムの特集となります。

すでにお申込み頂いた方の分は、用意できました。

10種類のメディウムを使ってリンキングフレーム水彩アートを作ります。、

メディウムってなんだろうと思っている方も多いと思います。

しかし、すでによく使っているものがあります。

それは、マスキング液です。

それで、ウィンザーニュートンのマスキング液は、3種類あります。

アートマスキング液
カラーレスマスキング液
パーマネントマスキング液

この理由で、ウィンザーニュートンのマスキング液を紹介することにしました。

さらに、ウィンザーニュートンを選んだ理由がもうひとつあります。

ウィンザーニュートンのメディウム容器本体の優れている点があるのです。

子供が空けられないように、蓋にチャイルドロックがかかっている点です。

ゆっくり押しながら回さないと蓋が空かないようになっています。

私の水彩画教室は、実際女性が多く、小さいお子さんがいらっしゃったり、
また、お孫さんがよく遊びに来る環境の方もいらっしゃいます。

そこで、自宅で小さいお子さんの誤飲を防ぐことのできるウィンザーニュートンのメディウムを採用することにしました。

とはいえ、メディウムを使用中は、絵を描いているお部屋は鍵をかけておいてくださいね。
そして、使用後は目の届かない場所に保管してください。

水彩画は、幼稚園ぐらいから親子で一緒に楽しめるかもしれません。
子供が最初にさわる絵の具としてはとてもいいと思います。

ぼかしから、一緒に遊んであげてください。
私の水彩画カリキュラムの中には、子供と遊べるような内容もたくさん含めてあります。

私自身、とても小さい時から、水彩で遊んでいました。
色遊びをたくさんしていました。
子とも時代の絵は、たくさん残っています。

小さい時から水彩に触れさせておくことで
近い将来、水彩画の名手に育ててしまうこともありですね。
メディウムの使用は、中学生ぐらいからがいいかなと思います。
それまでは、目の届かないところにしまっておいてください。

下の絵は、テクスチャーメディウムというものを使っています。

水彩画をよりプロフェッショナルな領域へと押し上げる様々なメディウムですが、
平凡な水彩画を、特殊な効果でより表現豊かにしてくれます。
7月の名古屋水彩サロンで、ひとつひとつお披露目していきます。
(水彩ビデオ中級編でも使用しました。)

7月からの水彩サロンのお申込みはこちらから
https://ayakotsuge.shopselect.net/categories/274020

Follow me!