笑顔でひきこもり

12回目の絵ハガキとミニ画集を届けてから
色々反響を頂いています。
残2セットです。
今日は、その中でも、公開許可を頂いた水彩サロンの生徒からの一通のメールを、紹介したいと思います。
絵文字がいっぱいで、可愛いメールです。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
こんばんは🌇
いつもご指導ありがとうございます😊
今日、絵葉書と、ミニ画集が届きました❣️
薔薇🌹の絵🖼心が震えました。
まさしく感動です!
コロナ騒ぎで心が疲弊していた私でしたが、柘植彩子先生の薔薇の🌹絵葉書をいただき
なんと美しいのかと心から思い、心の中が幸せで満ち溢れてきました。
あー感謝致します❣️
裏の先生のエッセイにも勇気をもらいました。
笑顔で引きこもり、なんて良いフレーズでしょう!
先生の優しさが伝わってきました。
こういう時こそ絵🖼の力は
偉大ですね。
癒されるという言葉よりもっと、なんと美しい、言葉では言い表せない素晴らしい心持ちになり、頑張って毎日前向きに生きようという勇気を貰いました!
素晴らしいことですね。
感動と感謝です。
心の奥深くに染み渡っていきます。
前向き生きようと強くそして優しい気持ちになりました。
🖼の力は偉大ですねー。
私もそうなりたい、恥ずかしながらそう思いました。
🖼で誰かの力になりたいと…。
ミニ画集も入っていましたが、いただいてよろしいのでしょうか。
こちらも心が満たされ、私の周りの人達にも優しく接しられる心の奥深くに響く画集です。
笑顔でいられます❣️
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
とこんな感じです。
絵ハガキ12号のエッセイは「笑顔でひきこもり」というタイトルでお送りしました。
これからコロナウィルスとの長い闘いが始まります。
ちょっと辛いなとか、心が塞ぐなと思った時、
「ああそうか、画家は、最初からひきこもり生活だった・・・」、
と思っていただけたらいいかもと思って書きました。
画家が日々、どんなことを工夫して、孤独と向き合い、日々を過ごしているか
ちょっと参考になるかなと思い、書いたエッセイです。
画家やイラストレーターは、そもそも、孤独感との闘いをしなければならない職業です。
多忙になればなるほど、仕事部屋から一歩も出られなくなり、1か月ぐらい外に出ないくても日常生活を送れるように日頃から工夫しているのです。
前にも書いたかもしれませんが、売れっ子になると年間の制作数は、100枚~300枚です。
この枚数の絵を仕上げるためには、人との交流を、断つ必要があるのです。
不要な外出はしないですし、不要なライントーク(雑談)もしません。
電話すら出ないようにしていることもあります。
忙しくなればなるほど、売れっ子のイラストレーターや画家は、孤独と向き合う状態に追い込まれるのです。
SNSを活用したりして、誰かと繋がっていることで、精神の安定を図っている方も見えます。
「電話が鳴ってやっと人の声を聞いた」という話は、同業者の間で普通にかわされる会話なのです。
そして、この仕事を辞めない限り、この孤独感は、永遠と続いてしまうのです。
つまり、孤独であることの改善方法はないけれど、なるべく孤独感を感じないようにする工夫は
色々あるのです。
「画家は好きな絵を描けて日々楽しそう」、と思ったら大間違いで
毎日自宅にこもりっきりで、365日描くとしたら、通常の精神力ではもたないのです。
さらに独身である場合は、孤独感は最大化してしまうのです。
なので、家族を持っていることがとても重要ですし、フリーランスにとって大事なことだと思っています。
それで、孤独な制作に入る前に多くのアーチストがしていることは、
今日の音楽を決めることのようです。
今日の音楽が決めてから制作に入るというルーティーンを持っていたりします。
私も同じようなところがあり、今日の音楽を決めて、それが決まると、あとは制作に没頭します。
案外、癒しの音楽は眠くなってしまって、アウトでした。(笑)
実は、結構、激しい音楽を聞いています。
例えば
マドンナです。(笑)
これは、色々聞いてみて試したところ、マドンナの歌は、眠くならなかったのです。
そして、気持ちが明るくなり、孤独感を感じなくなりました。
さて、自宅でのお仕事に切り替わった方も多いことと、思います。
そうなると、音楽も自由に聞きながら仕事もできたりしますよね。
時々、猫ちゃんが、パソコンの上に乗っかってきて困る方も見えるかもしれません。
さて、自分の作業用に最も適した音楽が必須になりますが、いい音楽探せたでしょうか。
無音が最も作業に適している場合もありますが・・・
2020年4月からの絵ハガキ12か月定期購読のお申込みは、すでに始まっていて、
今日、一番乗りで、申し込みをしてくれた方がみえました。
ありがとうございます♪
締め切りは、4月16日です。
大事な友人や身内でも、ご住所を登録して頂ければ、そこへ毎月
お届けできます。
一緒に、「笑顔でひきこもり」してくれる仲間を増やして、早く、今の事態を収束させたいなと思います。
また、この引きこもり期間に、制作した面白いものを、このブログでアップしたいと思っています。
ところで、最近、Chambre de Ayako Tsugeにも、多くのアクセスを頂いています。
バックナンバーですが、必ず制作プロセスが4~7段階あり、水彩画の教材としても楽しめます。
この引きこもり時期は、色々教材が豊富にあるAYAKO TSUGE STUDIOオンラインショップも上手に利用してください。
東京水彩サロンは、4月のレッスンを中止し、6月から開始としました。
名古屋水彩サロンは4月、一応レッスン日として保留状態です。
動向を見ながら、中止する事態になっていたら、直前で中止する場合がありますが、
今のところ、開催予定ではいます。
絵ハガキは、絵を習っている方のみならず、水彩ファンならどなたでも楽しめます。
大事な人へのプレゼント、または、母の日などに、活用してください。
2019年のミニ画集付12絵柄パーフェクトセットは、あと2セットです。
2020年、この絵ハガキが届くのを毎月楽しみにして、日々を過ごしてください。
毎月エッセイ付きで、あと1年、また、頑張ってお届けしますね!!
お申込みは下記へ (新規申し込みの方は、ミニ画集が付きます。30名先着)
ライン@お友達登録されますと、500円引きクーポンが届きます。
 

Follow me!