テアトロとエッチングカップベース

この絵は、名古屋タカシマヤ20周年記念として、高島屋に買い取っていただけた作品です。

そして、20周年にちなんで、20万円と消費税となっています。

つまり、特別価格になっています。

20周年は、20万円ランクの商品を高島屋が買い取ってくれるようなのです。

ですので、目玉作品ですが、まだ、売約にはなっていないようなので、紹介することにしました。

エッチングカップベースに水を入れ、そして、そこにバラを挿すと、グリーンが複雑に見え隠れして、なんとも絵描き心をくすぐったのです。このエッチングが複雑すぎると、こうはならないので、ほどよい装飾のため、切れ味のあるタッチを入れられました。

「本当は、ガラスを描いているのですよね」と言われることがあります。

バラは、自分の中ではそれほど強いテーマではなく、実際はガラスが自分の中で主役であったりします。

エッチングという新しいテーマを私に与えてくれたこのガラス花瓶と出会えて幸せでした。

このガラスの存在は、以前より知ってはいたのですが、それほど魅力的とは思わず、買うことはなかったのです。しかし、今年ご縁あって買うことになりました。

それで、バラを入れてみて、びっくりしたのです。

中間色とグリーンが、モザイクのような感じで、美しいハーモニーを作ったからです。

描くにはかなり難易度が高いと思いましたが、私にとってはこれほど武者震いする花瓶はないと思ったのです。

そして、次なるエッチングガラスも探し始めています。

後ろにある白いキャンドルスタンドは、昨年12月にドイツのBUTLERSで購入したものです。

バラはテアトロで、中心部はグリーンになっています。

エッチングガラスを美しく見せるために、背景に珍しくグレーのぼかしを入れています。

右にあるベージュのレリーフは、キャンドルです。青い箱は、キャンドルが入ったパッケージです。

背後に、実際に炎がついたキャンドルが描いてあります。

名古屋タカシマヤ直通電話TEL052-566-8473

1

10周年記念のミニ画集が届くA5サイズ絵ハガキ12か月の新規申し込みはこちらから

https://ayakotsuge.shopselect.net/items/19513399

2020年4月からのA5サイズ絵ハガキ新規&継続申し込みはこちらから

https://ayakotsuge.shopselect.net/items/26778764

 

 

 

 

 

Follow me!